Q1 車検証の記載の所有者がお客様の名前ではありません。(使用者の方に記載されている)
・所有者の、印鑑証明・委任状・譲渡証明書が必要になります。
 ※車検証上の所有者がディーラー、ローン会社の場合はお客様本人がディーラー、
   ローン会社から「永久抹消に必要な所有権解除書類」を取得する必要があります。
・使用者の、印鑑証明・委任状が必要になります。 (軽自動車は印鑑証明不要)

Q2 車検証の記載の住所と現住所が違います。
・車検証記載の住所が1つ前の住所・・・住民票
・車検証記載の住所が2つ以上前の住所・・・ 住民票と住民票の除票・戸籍の附票・戸籍謄(抄)本・ 商業登記簿謄(抄)本
 ※印鑑証明書の記載住所から車検証の記載住所まで、つながる書類が必要になります

Q3 車の所有者が亡くなっています。
・法定相続人[どなたか1名]の方の、戸籍謄本・ 印鑑証明書・委任状(2通)実印を押印
・所有者の、除籍謄本 
 ※戸籍謄本に所有者が亡くなっていることが記載されていれば不要

Q4 車検証を紛失してしまいました。
陸運局で車検証の再交付もしくは登録事項等証明書の申請を行っていただく必要があります。

Q5 ナンバープレートが紛失・盗難の為ありません。
抹消登録を行う場合は、ナンバープレートの代わりに理由書を提出することで手続を行うことができます。
ただし、盗難の場合は必ず警察へ盗難の届出を行い、理由書へ警察の「受理番号」を記載しなければなりません。

Q6 既に一時抹消してあります。
お車の解体が終了し解体報告記録日が出ましたら、解体届出をする必要があります。
 ◆一時抹消登録済の車の解体届出に必要な書類
  @登録識別情報等通知書 A委任状(所有者の認印) B解体届出書(OCR)
  ※委任状・手続書類へ実印押印と印鑑証明は不要。

Q7 税金の問題上、とりあえず一時抹消だけ急いでほしい。
個別の対応となりますのでお問合わせください。

Q8 交通違反をしてまだ罰金・反則金を払っていませんが抹消手続はできますか?
できます。

Q9 重量税の還付申請をしたいのですが、預金口座を持っていません。
預金口座をお持ちで無い場合、税務署からの通知と引換えに最寄りの郵便局で現金をお受け取りいただけます。
申請用紙の「金融機関名」にお客様が行かれる[郵便局名]を、「金融機関種別」に[0]を記入してください。

Q10 自動車税(毎年5月末納期限)を払っていませんが廃車手続はできますか?
未納のままでも抹消手続を行うことはできます。
その場合、後日月割り分の請求書が届きます。

Q11 リサイクル料金を払っていません。
まず車検証をもとにリサイクル料金をお調べいたします。
買取料金から引かせていただくことに了解いただければ、差引料金にて買取をさせていただきます。
 ※ただし、リサイクル料金が買取金額を上回る場合、差額を徴収させていただきます。

Q12 リサイクル券を紛失してしまいました。
車検証の記載情報からリサイクル料金が払われていることを確認いたします。
リサイクル券がなくてもお受けいたします。

Q13 「法人所有で会社が倒産」、「所有者と連絡がつかない」など、登録に必要な実印・印鑑証明書が揃わない場合は?
抹消登録手続はできません。
リサイクル料金を払えば車の解体はできますが登録は残ったままになります。



 お気軽にお問い合わせ下さい
廃車現金買取センター
秦野市堀山下183−1
TEL:0463-88-0347
営業時間:9:00〜17:00
休日:日祝・お盆・年末年始